「森の発電所」を見学して

化石燃料に代わる自然エネルギーの一つ「木質バイオマス発電」

山から豊富に伐り出される木材、そこから発生する端材やカンナくず、建築廃材などこれまでゴミとして廃棄していたものを燃やし、発生する蒸気を木材の乾燥に利用、発電に利用し、余った電力を売電する。

家電520軒分の電力に!

燃やして出た灰は、路盤材やセメントの原材料・肥料用として有効利用する。

木質系廃棄物、それらをエネルギーに変えることで、資源を最後まで使い切る。

日本で最初に作られた森林資源活用センター発電所だそうです。

pagetop